エバーウッドホームでは、石川県金沢市を中心としたエリアでログハウス建築や自然素材を使った自由設計による家づくりでお客様のご要望にお応えしています。
家づくりはじめの一歩一歩上行く家づくり
エバーウッドだより プライバシーポリシー お問合せ


ログハウス
Oliver
Bellevue
Maple Ridge
Everett

ログハウス資料請求

エバーウッド ホーム 076-240-8740

毎日が森林浴。

インスタグラムはじめました

施工エリア
石川県金沢市、白山市、能美市、小松市、加賀市、かほく市、河北郡、志賀町、穴水町、輪島市、富山県小矢部市、高岡市、南砺市、砺波市、富山市…等



EVERWOOD HOMEで叶えた夢のログハウス暮らし ログハウスにお住まいのご家族に聞きました!

「ログハウスの自宅ってどんなだろう?」そうお考えの方も多いと思います。
そこで、スタッフはログハウスにお住まいのご家族を訪問して「ログハウスでの住み心地」を実際にログハウスに住んでいらっしゃるご家族にお聞きしてきました。



Vol.2  ログハウスはとにかく暖かい家ですよ。


次にお伺いしたのは、石川県内の里山の近くでお子様2人と暮らしていらっしゃるM様ご家族です。


M様がログハウスでの自宅建設を決めたきっかけは、なんと薪ストーブだとか。お料理やヨガを教える奥様が薪ストーブのクッキングストーブを使いたいとの強い希望をお持ちでした。どうせ薪ストーブを入れるのならぴったりの建物にしなければという話になって、「それならログハウスが一番でしょう」と決まったとか。

薪ストーブ

薪ストーブの周りにはいつのまにかご家族が集まってくるそうです。


ログの外壁

青空を背景にログの外壁がひときわ

奥様主導で決まったログハウスでの自宅建設ですが、そこに行きつくまでにはいくつかのハウスメーカーめぐりもなさったそうです。そしてM様の決め手は本物の木の家ログハウスだったこと、経験豊かなスタッフがいたことと、それと何と言ってもエバーウッドホームでは価格的にも十分納得できるものだったことが大きかったとか。


さらに、「実は私の職場での上司や先輩にもログハウスにすんでいる方がいましてね、ログハウスの住み心地のよさはよく伺っていました。」「それに、じつは、学生時代に北海道でログハウスメーカーのアルバイトやったことがあるんです。ログ用の丸太の皮を剥く仕事なんですけどもね。で、その会社の事務所も当然ログハウスだったし。だから、自宅をログに決めることになって不思議な縁を感じましたね。」とご主人の驚きの発言。



コーヒー

コーヒーのお湯も薪ストーブで温めます。

コーヒー

豆は一杯分ずつ手で挽くので香りも味もひときわ引き立ちます。



そんなログハウスに住み始めて今年で2度目の冬だそうです。「とにかく“暖かい”の一語につきますね。真冬でも朝起きてきて温度計を見ると16°C位です。」「ストーブの暖かさに加えて、パインの床板の心地よさは抜群ですね。子供たちも気が付くと裸足になっていますね。」



里山

すぐ近くには里山がひろがる牧歌的な風景がご夫婦ともにお気に入りとのことです。

でも、住み始めて最初の冬には失敗もあったそうです。一か月しか焚いていないのに煙突の先端部が詰まってしまったそうです。当時、薪ストーブの扱いになれていなくて、つい空気を絞ってお使いになったとか。その結果、ススで煙突の先端の防鳥ネットの部分が詰まってしまったそうです。ストーブ屋さんに来てもらって直してもらい、使い方も再レッスン。しっかり温度を上げで焚くようになって問題は解決、暖かさも急上昇、だったそうです。


暖かい以外にログハウスのどんなところが好きですかとお尋ねすると、「木の香りがいいですね。住んで2年経ちますが家へ帰ってくると木の香りが迎えてくれる、そんな感じです。」と、ご主人も奥様も同じご感想でした。「やっぱり自然の本物を使っているからいいんですね。」

ロフト

広い吹き抜けを見上げるとキャットウオークのようなロフトの通路が見えます。



「ログハウスを計画されている方へのアドバイスですけど、寝室は広くなくていいですよ。
寝室は寝るだけで、ほとんどの時間はみんなストーブのあるリビングに集まってきますね。子供たちの勉強も、読書も、ゲームもみんなストーブの周りですね。」と奥様。



リビング・ダイニング

お勉強はみんなのいるリビング・ダイニングですることが多いそうです。

クッキングストーブ

煮物や鳥の丸焼きなどクッキングストーブは大活躍と奥様。

ご主人の趣味

ロフトにはご主人の趣味のトライアスロン用の自転車がさりげなく置かれていました。

バーベキュースペース

広いデッキの横には奥様が並べたレンガのバーベキュースペースも。

おやつの時間

弟のアシス君と一緒に楽しいおやつの時間です。

雪の中のログハウス

雪の中のログハウスがかわいいでしょ、と見せていただきました。

雪の中のログハウス

これは薪棚のほんの一部です。手前の薪は来年用に乾燥中とのこと。

キーボード

エナちゃんのキーボードの練習もロフトです。バッハの曲を練習中だとか。

ロフト

ロフトでストーブの周りのお子様を見守りながらおしゃべりするご夫婦。


「ログハウスは建って100年後に最高の強度に達すると聞くので、自分の孫がこのログハウスに住んでいる風景を思い浮かべてしまいますね」とご主人のお言葉。おっしゃるとおり、フィンランドには400年前に建てられたログハウスが今も健在で使われています。木の建築材料として人間にやさしいだけでなく、強い耐久性を持っていることの証ですね。
M様はゆったりとした時間の流れのなかでご自宅のログハウスがだんだんと強く、気候や家族になじんで美しくなっていくのを楽しんでいらっしゃいます。





バックナンバー
Vol.1 ログハウス暮らしで実現 − お子様と一緒に楽しむ快適な家 −






お客様訪問  メッセージ  商品紹介  マイホーム建設の記録  スケジュール  エバーウッドだより  新築事例集  リフォーム事例集  会社概要  HOME  
EVERWOOD HOME   〒921-8033 石川県金沢市寺町1丁目11番6号 TEL:076-218-4305